日当たりと設置場所について

Home > 日当たりと設置場所について

日当たりと設置場所について

日の当たる場所がない、エアコン付近はよくないなど、店頭での管理、ご販売時の接客にお役立てください。

日当たりと設置場所について

1.日当たり

観葉植物によって、直射日光に耐えられるもの、そうでないものがありますが、植物は基本的には日の光が必要です。

店頭で陳列している場所が日の当たらない場所だった場合、1日のうち数時間だけでも植物を日の光が当たる場所に移動して、日の光に当てるようにすると良いです。

2.設置場所

日当たりが確保できる場合は日当たりのいい場所、もしくは半日蔭に置いていただき、そうでない場合は比較的明るい場所に置いてください。
また植物にとって風通しは非常に重要なので、風通しのいい場所に置くようにしてください。
ただ、エアコンの風に直接当てるのは乾燥の原因になりますので、エアコンの風が直接当たる場所には置かないように注意してください。あとは乾燥しやすい環境で育てる際に、乾燥しないように加湿器の近くに置いたりするのも良くないです。                      
それと冬場は窓際に置くと、霜の影響などで夜の間に気温が下がり過ぎたりするので、避けてください。

3.日光が確保できない

日光が確保できない場合は、比較的明るい場所で管理するようにしてください。
その場合、照明などの近くに置くことになると思いますが、照明に近付け過ぎると葉っぱが焼けてしまう恐れがあるので注意してください。
日当たりを確保できない場合、育成用のライトなどがあると一番良いですが、そうでなくても、風通しを良くし明るい場所で気温(下がり過ぎないように)と乾燥に気を付ければ育てられる植物もたくさんありま
す。

4.葉やけ

直射日光が苦手な観葉植物や、長い間日陰にいて急に日の当たる場所に移された植物などは、直射日光を当て続けると葉やけを起こしてしまいます。
葉っぱの薄い植物などは特に起こりやすいので、注意してください。
葉やけとは?
→高温や強い日差しにより、葉の緑が焼けたように褐変(かっぺん)する症状。体温を維持するために葉からの水分蒸散が過剰に行われ、葉の細胞が壊死するために起こります。

5.冬場の管理

観葉植物の多くは熱帯の植物ですので、冬は基本的に室内に置くようにしてください。平地や暖地であれば屋外で越冬できる植物もありますが、室内に置いた方が安心です。
室内でも最低5℃以上を保つ事ができ、暖房などによる温度差の少ない場所に置くようにしてください。寒暖差は植物が枯れる原因にもなります。

補足

基本的に植物には日の光が必要です。耐陰性の強い植物もありますので、日陰に置くと全ての植物が枯れるというわけではありませんが、店頭は植物にとって決していい環境とは言えません。
日の光が当たるお店であれば問題ないですが、それ以外のお店では、植物を育てるというより、お客様に販売するまでの間、いかに現状維持させるかを考えなければいけません。
そうなると、日の光が確保できない分、水やりや風通しの良さなど、日当たり以外の環境を十分に整える必要があります。
日の光がない状態で、さらに水が足りていなかったり風通しが悪かったりするとお手上げです。
植物は少なからず環境に適応する能力を持っており、日の光の当たらない場所に置いておいても、元気な状態を保つ植物も見かけます。
ですが、植物にとっては日光が必要不可欠ですので、その辺りを意識して、日々のお手入れをするようにしてください。

このページの先頭へ